本物のマヌカハニーの選び方とオススメの食べ方

本物のマヌカハニーの選び方とは?

マヌカハニーとは南西太平洋に位置するニュージーランドに自生しているインカナム種のマヌカ(学名:ギョリューバイ)の花から採取されたハチミツです。普通のハチミツと違う点は、ミツバチによって採取されたハチミツの水分を取り除き、質の高いマヌカハニーとなる高級なハチミツです。古代よりニュージーランドの先住民マオリ族の間では利用されてきました。現在販売されているマヌカハニーには、純度の低いものもあり、普通のハチミツが混ぜられているものもあるので、購入の際は注意が必要です。
本物のマヌカハニーを選ぶときは、確かな生産者やメーカーなど販売元の顔がわかるものが良いでしょう。マヌカハニーの味は、甘いというよりは濃厚でキャラメルのような味わいです。食べ方としては、そのまま食べるのがおすすめですが、注意点としては、金属製のスプーンでなく木製や陶器などのスプーンを使用してください。金属製を使うとマヌカハニーの栄養価が壊れる可能性があります。一般のハチミツと同じような食べ方として、レモンとお湯とマヌカハニーでホットハチミツレモンのドリンクや紅茶(アールグレーがおすすめ)に入れたり、マリネにマヌカハニーを少し加えても美味しく食べられます。普段の食事に少しづつ加えていくと良いでしょう。

マヌカハニーに金属と高熱はNG

はちみつの一つマヌカハニーは、普通に食べるだけでも健康維持に役立つと言われ注目を集めています。そんなマヌカハニーですが、取扱いをする上で注意するべき点があります。それは金属に触れさないことと、加熱しないことです。マヌカハニーの特徴は、MGO(メチルグリオキサール)という成分が含まれいて、それが胃や腸に届き悪玉菌を殺菌するサポートをしてくれるという点です。そしてそのMGOですが、実は金属に触れると化学反応をおこし、その結果パワーが弱まる可能性があります。
また、MGO自体は高熱にも強いのですが、蜂蜜そのものに含まれる酵素や成分が熱に弱いので、50度を超えて加熱することでも、栄養が低下してしまいます。折角の豊富な栄養素が含まれているマヌカハニーの取扱いを間違えてしまっては、思うような結果を得ることは出来ません。マヌカハニーを食べる時には金属製のスプーンも使わず、プラスチックや陶器、木などの、触れても化学反応を起こす心配のないスプーンやハニースティックを使用して化学反応を避け、他の食べ物と一緒に摂取したり調理してから食べる場合でも、熱くなりすぎないように注意しましょう。

INFORMATION

  • 自分好みのマヌカハニーを選びたいなら通販サイト

    通販サイトで自分好みのマヌカハニーを探そう 健康維持として人気のハチミツですが、ハチミツにもた…

    » 続きはコチラ

  • コアなファンを生みだしているマヌカハニー

    マヌカハニーの美味しい食べ方 マヌカハニーというものを知っていますか?ハニーと名のつく通り、は…

    » 続きはコチラ

  • 本物のマヌカハニーの選び方とオススメの食べ方

    本物のマヌカハニーの選び方とは? マヌカハニーとは南西太平洋に位置するニュージーランドに自生し…

    » 続きはコチラ

  • 甘くて飲み続けやすいマヌカハニー

    幅広い方から人気を集めているマヌカハニー みなさん、マヌカハニーを知っていますか?一度ちょっと…

    » 続きはコチラ